蓼科山 2530m HOMEへ

蓼科山 日本100名山  2006/10/21  晴れ 6名
JR長野新幹線「佐久平駅」改札口 08:25集合 雨天決行  

中野坂上〜東京¥190 東京〜佐久平 長野新幹線¥6170  
佐久平駅〜一の鳥居七合目 ワゴンタクシー   1台¥15000(1名¥2500)  
帰路も迎をしてもらった。価格は同じであった。  合計¥17720

佐久平駅08:32〜蓼科牧場09:13〜一の鳥居七合目09:32 ワゴンタクシーで移動
一の鳥居七合目09:44〜馬返し09:56〜天狗の露地10:29〜ざんげ坂10:33〜将軍平11:01〜山頂11:37
山頂12:08〜将軍平12:36〜一の鳥居七合目13:32〜佐久平駅14:33 佐久駅近くのJAフェスタ見学
佐久平発15:52あさま534号にて帰京。

装備:帽子(三季)、手袋(新素材)、下着(新素材)、長袖シャツ(新素材)、長スボン(新素材&伸縮)、靴下(新素材)、
    雨衣(ゴア上下)、靴(無雪期低山)、スパッツ、防寒着、着替え、トレッキングポール、ヘッドランプ、水筒/テルモス、
    昼食、ザック(20g〜30g))、傘、雷対策
常装備:健康保険証、持薬、救急具、地図、磁石、ラジオ、携帯電話、ポリ袋、
食糧:昼食(そのまま口に入る)、非常食(一食分各々用意)。

蓼科山はコニーデ型火山にトロイデ型火山が噴出してせり上がってできた二重式火山、八ヶ岳連邦の最北に位置し、諏訪富士とも呼ばれています。
ながーい山麓をもつその姿は、優雅にも思えるが、なかなか手ごわいのだ。
伊藤左千夫は、“信濃には八十(やそ)の高山ありといへど女(め)の神山(かみやま)の蓼科われは”と詠んで、讃えている。
山頂からの360度の展望は八ヶ岳連峰、南北アルプス、中央アルプスと大パノラマなのだ。
山頂は、直径約100m、野球が出来るほどの広さで、岩だらけ、初めて見る風景が広がっていた。

左は、山頂の中心部、蓼科神社奥社の石祠、ここが低くなっており、周りは少しせりあがっている。大きなスープ皿のようだ。


蓼科山の位置です。「立科町」にあります。青線が女神湖。地図右上が佐久平駅。
08:32 出発。瀟洒な佐久平駅。
1階は喫茶、2階に物産、土産物店があり、3階は駅改札。
08:39 道中巨峰、りんごの直売店が、点在。
09:13 羊や牛を始めとする動物たちとのふれあいが楽しめる牧場。ここは白樺高原です。 09:16 赤沼平の湿地をせき止めた人造湖、女神湖が見えました。
09:29 御泉水自然園を通過。
自然園は蓼科山の中腹、標高1,830mに広がる公園。
蓼科牧場からゴンドラリフトで約5分で到着する。
入園料は¥300
09:32 登山口駐車場に到着。
09:39 駐車場から少し進むと立っている標識。 09:44 蓼科山一の鳥居七合目、出発します。
左側のは「八ヶ岳中信高原国定公園」の看板でした。
09:48 しばらくはカラマツ林の道を登ります。 09:50 足元は、こんなです。さほど悪くはありませんね。
09:50 このあたりまでは、緩やかな登り。 09:56 馬返しです。
山道で「馬返し」を通過後は、大体、
急峻な道が待っているのだ。
09:57 だんだん、足元が悪くなってきた。ほらね。 10:02 急登になってきます。
ルートは緑色のロープが張ってあります。
10:17 このように開けた道に出ますが、ガレ場。
水分補給後出発。
10:19 落石注意!
10:21 急登を振り返ると、女神湖がかすんで見えた。 10:28 急登で、こんな道が続きます。
「滑落注意」の看板がありました。マウスオン
10:29 「天狗の露地」から女神湖、誰が立てたかケルンが、あそこは危なくて近寄れないのだが、ルートでもないし・・。
10:33 ざんげ坂は、破壊の跡のようだった。
通過する所要時間は27分だった。
大雨でこうなったのかしら。
マウスオン
11:01 樹林の中をジグザグとたどり着く将軍平。
蓼科荘です。
小休止の後出発。ここから先は、
岩ばかりの急坂
11:16 もう降りてくる人もいます。岩場は大好きです。 11:24 大きな岩もあるので、段差が大変だが、得意なのだ。
11:28 見下ろせば、将軍平の蓼科荘が見えます。 11:34 蓼科山頂ヒュッテ。山頂はすぐそこ。
11:34 ヒュッテ横のダケカンバ。もう木も高山の背の高さ。 11:34 山頂が見えてきました。
11:37 岩を渡るようにして標識まで移動。 11:37 山頂2530mの標識。やれやれ。
マウスオンで三角点
山頂はこうなっています。
中心の蓼科神社奥社にお参り。
下山の無事をお願いしました。
マウスオン
対面に飛び出して、見えるのは方位盤。
何人かが見ているようです。
寒いので岩陰で各自昼食とする。風も強かった。
三角点があるところからの展望。
12:15
往路と同じルートを下ります。
中心、茶色いのは浅間山。


終わりかけのヤマハハコ


12:36 将軍平、蓼科荘着。
有料トイレを利用します。
¥200、水洗でした。
山頂のヒュッテのトイレも有料で水洗だったそうです。
12:16 白っぽい丸く見えるのが将軍平。
12:56 再び天狗の露地から女神湖 13:13 タクシーの時間があるのでどんどん下ります。
13:12 きれいな紅葉です。
13:33 一の鳥居に到着
13:33 駐車場です。迎えのワゴンタクシーは13:30に来ていました。
13:50 佐久平駅まで快調に走ります。  13:50
14:04 往きにも気付きましたが、山を切り崩す採石場を多く見かけました。 14:23 奇妙な形の山が見えた。
佐久平駅の方が近い感じ。荒船山かなぁ。
マウスオン
14:33 佐久平駅着。
近くでJAフェスタ開催中なので、見ていくことに。
露店や、農産物の出店で大賑わいであった。
シメジの栽培方を展示。ご存知でした?
勿論買いましたよ。ワンパック¥70、やすい!
「マコモタケ」¥150
「朝鮮人参」だそうです。 農機具の販売もあります。
シメジ・乾燥椎茸・キビを買って、15:52あさま534号で帰京。

   HOMEへ   山入口へ  PAGE TOP
ごらんいただき ありがとうございました