大滝三十槌氷柱(みそつちのつらら)  HOMEへ

奥秩父大滝三十槌氷柱   2012/01/29  晴れ   約10km 3時間 
交通費片道¥1370 +参加費¥200+バス代¥350 計¥3290
コース:三峰口駅万年橋→>大達原手掘トンネル→大滝温泉遊湯館=〈路線バス・各自負担〉=三峰口駅

トイレ: 三峰口駅・

高さ7mの崖から湧き出る一滴一滴が氷結してできる自然の造形美(現地のキャッチコピーです)を楽しもう


装備:帽子(三季)、手袋(新素材)、下着(新素材)、長袖シャツ(新素材)、長スボン(新素材&伸縮)、靴下(新素材)、
    雨衣(ゴア上下)、靴(無雪期低山)、
アイゼン(軽を持参)、着替え、ヘッドランプ、水筒/テルモス、ザック(20g〜30g))、傘
常装備:健康保険証、持薬、救急薬、地図、磁石、ラジオ、携帯電話、ポリ袋
食糧:非常食(一食分用意)

車窓から 白久あたり 10:26 三峰口駅は遠いなぁ  自宅は7時に出た
10:35 残雪の車道を行きます 10:35 やっぱりね。
10:51 日陰の湧水が凍っている
程なく11時なのだけれど・・・
11:03 マウスオンで「中津川の氷壁」の画像
11:15 「金蔵落しの渓流」とありました
埼玉の紅葉スポットだそうですが、奥秩父はどこもかしこもきれいになりそう
11:18 大陽寺は2011/5、ここまでバスで来てアジサイを見に行きました
11:22 これが大達原手掘トンネルでしょうか、
ここしかトンネルはなかったもんね
11:34 国道140号線通称「彩甲斐街道」を荒川に沿って歩きます
11:50 大滝方面を目指します 11:58 三峰山一の鳥居をくぐる 鳥居の反対側はみやげ物、飲食などの店舗が並ぶ
12:06 荒川の左手に見えてくるのは県指定遺跡「神庭(かにわ)洞窟、縄文人居住跡です 12:37 この橋を渡ります
12:38 突き当りを左に・・・ 12:53 これが目に飛び込んできます
12:54 眼下の川原の様子 凍ってますね 13:15 下りは慎重にね!氷柱だわ!
2枚合成しました 1月中旬から2月中旬まで見られる氷柱は夜間ライトアップもあるそうです*2012は2/19まで

    HOMEへ   山入口へ  PAGE TOP
ごらんいただき、ありがとうございました。