三頭山 1531m    HOMEへ

三頭山  2006/11/18  晴れ 9名
JR武蔵五日市駅改札口 08:55集合 雨天決行  

中野坂上〜新宿¥160 新宿〜武蔵五日市 ホリデー快速¥780  
武蔵五日市駅〜都民の森 タクシー   1名¥1800 
帰路も迎をしてもらった。          1名¥1900      合計¥5580

武蔵五日市駅09:10〜都民の森、森林館10:00〜鞘口峠10:21〜三頭山東峰11:34〜三頭山中峰11:42〜ムシカリ峠12:20〜深山の道〜三頭大滝13:08〜森林館13:31〜武蔵五日市駅14:30  
随時帰路につく

装備:帽子(三季)、手袋(新素材)、下着(新素材)、長袖シャツ(新素材)、長スボン(新素材&伸縮)、
    靴下(新素材)、 雨衣(ゴア上下)、靴(無雪期低山)、スパッツ、防寒着
    着替え、トレッキングポール、ヘッドランプ、水筒/テルモス、
    昼食、ザック(20g〜30g))、傘、雷対策
常装備:健康保険証、持薬、救急薬、地図、磁石、ラジオ、携帯電話、ポリ袋、
食糧:昼食(そのまま口に入る)、非常食(一食分高カロリー)。

三頭山は、奥多摩三山(大岳山、御前山、三頭山)の中で、最も高い。

登山口都民の森には森林館、木材工芸センターがあり、野鳥観察小屋や研修室、レストランの設備もある。
したがって、登山道もよく整備されていた。

五日市駅前から西東京バスが出ているが、タクシーでも40分前後かかるのだ。

今年は暖冬で、紅葉する前に、黄色いまま葉が落ちてしまうと、運転手さんはなげいていたが、なかなかどうして、きれいでしたよ。

都民の森駐車場利用時間(2006/11/18現在)
3/16〜7/20  AM8:00〜PM5:30
7/21〜8/31  AM8:00〜PM6:00
9/1〜11/15  AM8:00〜PM5:30
11/16〜3/15 AM8:00〜PM5:00

三頭山の位置です。都民の森は三頭山、標高1000〜1500mに広がっています。
09:18 西東京バスのバス停は立派です。 09:34 檜原村の秋ってところです。
09:42 もう近いのかしら。 10:00 都民の森到着。駐車場には土地の物産も売っていた。
10:01 出発します。風もほとんどなく、寒くないのでうれしい。 いきなりの階段。いやだけれど、お天気は登山日和。
10:10 ここまで、急登。鞘口峠に向かいます。 このあたりは「生活の森ゾ−ン」だそうです。舗装道。
バードウォッチングの小屋が見えている。
小屋の先は普通の山道となる。
10:11 どちらにいったかなぁ。気分は急坂 10:13 登山道は整備されている。 
10:17 休憩小屋。立派だ。 小屋からは、ジグザグと急登が続く。
10:21 鞘口峠通過。標高1142m。
ブナの路にはいったようだ。
この急登はかなりしんどい。
上で賑やかに子供達の声がする。
10:31 彼らは、植物の絵を描いたプリントを持ち、「見つけた!」と、楽しそうでしたよ。 10:36 どんどん登る、少し疲れてきた。
10:37 木々の間から、奥多摩湖が見えた。御前山のときは奥多摩湖方面に下りドラム缶橋を渡ったのだった。
10:42 巻きながら登る。ブナも老木が目立つようだ。 10:52 誰かの忘れ物。ここにはベンチの設置ありだが、見晴らしはよくない。マウスオン
10:54 あらら、「こちらは危険です」って書いてあるけれど・・。 11:00 やはり、倒木とか、道幅もせまい、
崩れ登山道です。ここは真ん中の岩を越えるのです。
11:03 急登。やれやれ。「ブナの路標高1400m」。
あと100mと言うことだわね。
マウスオン
11:14 続く急登。とほほ。お腹も空いてきた。
11:24 三頭山東峰には、ぬ?階段道とな?
「ブナの路標高1500m」、あと30mですかね。
マウスオン
見晴小屋というか、見晴台
11:27 見晴台から、 とがっているのは「大岳山」1266.5m
11:34 三頭山東峰1527m、三角点はマウスオン 11:38 もうひとがんばり、三頭山中峰へ。
空腹の為ミニアンパンを食べながら行く。
11:42 三頭山中峰1531m、三角点はマウスオン。
少し下った日当たりがよく風がないところで昼食。
12:20 ムシカリ峠。大滝方面に下ります。
12:23 ブナの路を下ります。 12:29 遠くから、白いのはなんだろうと思っていたら、朴の木の落ち葉であった。
12:31 三頭沢。水音が聞こえてきた。 12:47 沢の伏流水の説明。
確かに途中でなくなっているのだ。 
12:48 しばらく枯れ木のなかを歩く。 12:51 ここにもバードウォッチングの小屋があった。

12:51 水音が心地よいのだ。

12:56 沢を渡る
  
13:03 もう一度渡る。 13:08 水量が少ないが、雨の後だともっと豪快であろう。
13:10 三頭大滝と吊橋。登山道もここまでなので滝を見に来るハイカーも多かった。
13:19 見晴台、ほんとうに建物が立派。 13:21 ふわふわと脚に優しい道だ。木片が敷き詰めてあったのだ。マウスオン
13:26 大滝の路、1078m。東京湾方向です。 13:31 森林館、隣は木工芸館。
13:37 「干し柿にさわらないでください」と書いてある。 13:38 都民の森駐無料車場。
普通車100台、大型バス5台駐車可能。
但し利用時間に注意が必要。
13:52 武蔵五日市駅まで、檜原村の紅葉を楽しみながら移動。 14:07 14:30ころ駅に到着、随時帰りました。


HOMEへ 山入口へ PAGE TOPへ

ごらんいただき、ありがとうございました