房総烏場山 265m  HOMEへ 花へ 
花嫁街道から烏場山  2006/02/18  薄曇 9名
JR内房線「和田浦駅」改札口 09:35集合 雨天決行  

和田浦駅10:38〜花嫁街道入口11:09〜経文石11:54〜じがい水12:04〜駒返し12:09〜見晴台12:31〜烏場山12:43〜
旧烏場展望台13:06〜見晴台13:32〜金毘羅山13:50〜はなその広場14:02〜花嫁街道入口14:24〜和田浦駅15:40  
和田浦駅16:36乗車、千倉でさざなみ20号に乗換、東京着19:04 交通費¥4,330X2


装備:帽子(三季)、手袋(新素材)、シャツ(新素材混紡速乾性)、スボン(新素材混紡)、靴下(新素材混紡)、靴(無雪期低山)
    雨衣(ゴア上下)、防寒着、ザック(20g以下)、水筒/テルモス、手袋、ステッキ、傘
    健康保険証、持薬、救急具、地図、磁石、ラジオ、携帯電話、ポリ袋
食糧:昼食(そのまま口に入る)、非常食(一食分各々用意)
田浦駅から花嫁街道入口への途中に咲いていたカンザクラ。

烏場山へは花嫁街道から入ります。
花嫁街道は、入口から旧烏場山展望台まで約6km。そこから先は花婿コースとなります。人気があるのか大勢のハイカーと出合いました。
和田浦駅から烏場山経由和田浦駅は、全行程13.5kmです。
山間集落の上三原集落と、海辺の集落との交流の道として利用され、花嫁行列も、ここを通ったことから花嫁街道と呼ばれるようになったそうです。
烏場山からの眺望は、房総の山、伊豆半島、富士山、伊豆大島なども見えるとありますが、当日は見えませんでした。

適度なアップダウンがあり、ジグザグ、階段ありで変化に富んだコース。ハイキングのつもりで大丈夫。
「和田浦歩こう会」が有志でコース整備をしているとのことです。
和田浦駅から、街道入口の間には花や野菜の直売所もあり、ここでのお土産選びも楽しいのだ。
10:38 和田浦駅、集合時間は09:35だったのだ。
東京発7:15わかしお1号に乗り遅れてしまった。京葉線であることを失念。携帯で連絡、先に出発をしてもらった。
7:19発房総快速千葉まで乗車、千葉で新宿わかしお号に乗車、安房鴨川から10:21発館山行き乗車でたどり着いたのだった。
安房鴨川から先は一時間に一本しかありません。
10:43 駅でハイキングコースマップをもらい、追いつけるかどうか不明だががんばることにしよう。
駅を出たら右に進む。駅では何組かのグループがいて同じコースの組もあるようだった。
10:47 このような表示板が各所にあり、非常にわかりやすかった。 10:54 厄除けだそうです。麦藁大蛇で毎年新しく置き換えるとのこと、眼はだいだいのような柑橘類で作ってありました。
顔の拡大はマウスオン
10:59 菜の花畑がきれいです。 11:07 サザンカの道を抜けると突き当りが街道入口。
11:09 橋を渡り左にまわりこみます。右は花婿コースです。
白いのはストックを栽培していたビニールハウス、ハウスの向こう側に花嫁街道入口があり、
トイレもあります。
花嫁街道入口の表示板脇にはこんな石像が。
お嫁に行く娘と、その母でしょうか。
11:18 この時間、お仲間はもう経文石を通過しているはづだ。
街道入口からすぐは、急登であとは、ジグザグと行きます。
11:35 第一展望台 木々にさえぎられてあまり見えなかった。
11:43 階段を登り第二展望台方向に行きます。 11:48 第二展望台も眺望はさえない。先をを急ごう。
11:54 経文石、大木の根を絡ませた巨大な石。
かつての道はこの下を通り、みあげると梵字がかすかに読み取れたが風化が進み現在は見えない。落石の危険もあることから上を通るようになった(コースマップより)
二組の団体さんに先に行かせていただく。
11:59 このあたりは杉が多い、足元は問題なし。
「和田浦歩こう会」さんありがとう。
もぅ、汗だくです。
上着(ゴアテックス)を脱いでセーターになります。
12:04 お仲間は烏場山展望台あたりを通過中かなぁ、追いつくのは無理かなぁ。給水をし、お弁当(おむすび)を食べながら歩くことにする。 12:09 駒返し通過。
12:24 木のトンネルを抜けます 12:31 見晴台です。白っぽく見えるのは桜の木でした。
12:40 第三展望台からすぐにここに出ます。
階段を上がったところが烏場山265m。
滝のように汗が出ます。
12:43 山頂の表示板 花婿コースに下ります。
ここでお仲間に会えました。昼食はすませたそうですので、食べておいてよかったです。集合写真には、まにあった!
12:45 花婿コースをとります。 12:53 花婿コースのほうは少し湿っていて、滑りそうなところもあった。
12:56 「スダジイ」ぶな科と書いてあります。 13:04 旧烏場展望台方向に登ります。
13:06 あまりさえない眺望。 13:21 展望台から少し下ってまた登ります。
13:32 見晴台 ここが一番開けて見えた。 13:39 下ります。あたりは杉林です。
花婿コース見晴台からの眺望(合成)
13:50 少し登って金毘羅山です。 13:51 金毘羅山のすぐ下にありました。
花婿コースを登る人は、この祠を見てから登ることになります。
13:52 祠の次は階段を急降下です。 13:59 橋を黒滝方向に渡ります。
下を覗いたら緑色の水に木陰が写ってきれいでした。
マウスオン
橋を渡ると少し登り、また下るとアスファルト道に出ます。そこが花婿コースの入口です
14:02 はなその広場に出ました。 14:04 ここにはトイレもあります。サザンカもきれいに咲いていました。ここで解散。和田浦駅まで2.4kmあります。
お花畑を見ながら帰ることにしましょう。
はなその広場の梅
14:52 帰り道、民家の屋根にこんな瓦が乗っていました。 15:15 花、野菜など購入。

HOMEへ 山入口へ   花へ PAGE TOPへ

ごらんいただき、ありがとうございました