大菩薩嶺2056m
HOMEへ

大菩薩嶺 日本100名山2005/11/19  晴れ 8名
中央線「塩山駅」改札口 08:55集合 雨天決行
タクシーで福ちゃん荘に移動  一人約¥1200(一台に4名で)
福ちゃん荘09:45〜雷岩10:52〜大菩薩嶺11:02〜避難小屋11:02(昼食)〜大菩薩峠12:27〜介山荘12:43〜
「勝緑荘」13:12〜富士見山荘13:27〜福ちゃん荘13:38  
タクシーで塩山駅に移動解散 お土産を買って15:41かいじにて帰京。

装備:新(機能)素材=吸汗性・速乾性・保温性が高い
    帽子(冬)、手袋(新素材)、長袖シャツ(新素材)、長スボン(新素材及び伸縮性)、下着(新素材)、靴下(新
    素材)、雨着(ゴア上下セパレート)、靴(無雪期低山)、)、防寒着、着替え、スパッツ、軽量雨傘、
    トレッキングポール、ザック(20〜30g)、水筒/サーモス、嗜好品
常装備:ヘッドランプ、健康保険証、持薬、救急薬、地図、磁石、ラジオ、携帯電話、非常食(一食分各々用意)
食糧:昼食(そのまま口に入る)


大菩薩嶺日本100名山2056m
大菩薩峠(山梨100名山)は山梨県北都留郡小菅村と山梨県塩山市を東西に分ける場所にあります。標高1897m。
江戸時代、青梅街道として利用されていたが、1878年、柳沢峠が開削されルートが変更された。
中里介山は1913〜1941年まで、
「大菩薩峠」を書き続けたが、1944年病没。
このため「大菩薩峠」は未完となった。

避難小屋前からの富士山です。



福ちゃん荘にあった案内図です。
08:25 大月あたりの紅葉です。 08:29
09:12 塩山到着後タクシーで福ちゃん荘まで移動。町中の木々もきれいだった。 09:19 
09:36 福ちゃん荘は標高1720mだ。約340mを登る。
ここの、駐車場まで車で来る人もかなりいるが、タクシーで来る途中、追い越した登山者と目があってしまい、タクシーに乗っていることが、なんだか気恥ずかしかった。
福ちゃん荘から大菩薩嶺。
山梨方向から見たということですね。
09:54 ストレッチのあと富士見新道へと入ります。
あたりは、カラマツの林。足元は松の落ち葉で黄金色だった。
日が当たっているのに溶けていない霜柱。
5〜6cmもあろうか、カールして花のように見えるのだった。
10:07 雲がかかっていない富士山だ。下の方は大菩薩湖(上日川ダム)だ。このあたりは急登。拡大リンクあり 10:26 足元は乾いていて、割と歩きやすい。
10:36 の富士山。合成3枚。右手の方は南アルプス。拡大リンクあり
10:51 少しなだらかになってきた。抜けるような青空。ほんとに気持ちがいいのだ。 10:52 雷岩です。今は通過してあとで登ります。
ここからの眺めもすばらしいものだ。3脚を立てての本格的撮影をしている人がいた。
10:53 大菩薩嶺に向かいます。林の中を行きます。雪がふったらしく、日陰の場所は溶けないで残っていた。 マウスオン 11:02 大菩薩嶺、周りはカラマツの林で、展望ゼロ。お弁当を広げている人たちもいた。
きょうは、かなり人が多いようだ。
11:17 雷岩からの富士山。2枚合成。拡大リンクあり
11:28 雷岩から、尾根を妙見の頭のほうに向かいます。
このあたりは霜が溶けてか、少しぬかるんでいた。
11:33 窪んだところは賽の河原、避難小屋が見えます。
拡大リンクあり
11:39 妙見の頭あたりからの富士。 
拡大リンクあり
11:42 その右手の方、こちらもきれいだ。
11:48 避難小屋は目の前。避難小屋で昼食。このあたりから、行き交う人が増えてきた。 12:20 避難小屋前から大菩薩嶺方向。
あの尾根を歩いてきたのだ。
12:21 避難小屋前からの富士。 
拡大リンクあり
12:22 大菩薩峠に向かいます。
急登で不知火の頭を越えます。
不知火の頭は岩山だった。介山荘が見えてきました。 12:26 不知火の頭を振り返って見ました。
マウスオン
12:28 「大菩薩峠」碑 12:34 大菩薩峠1897m
12:34 大菩薩峠からの富士 介山荘です。
ここはきれいな無料トイレがあります。土産物や飲み物など売店もあります。
12:49 表登山道を福ちゃん荘に向かいます。
林の中を少し行きます。
12:55 裾はぎっしりとクマザサで覆われている。
林といっても、青空は見えているので、道は明るい。
13:03 水溜りはカチカチに凍ったまま。温度計を持っていた人が4℃だと言っていた。
きょうは汗をかいたのは最初の急登だけで、あとはまた上着を着て歩いた。少し寒かったのだ。
13:06  13:12 「勝緑荘」、施錠されているが、中を見ると
寝具などが見えた。裏手に三界庵という介山が「大菩薩峠」を執筆をしたという建物もあります。
勝緑荘前の川、ここを渡るとアスファルトの林道となる。 13:28 富士見山荘は休業中。
13:32 富士見山荘からの富士。
13:38ころ福ちゃん荘に到着。タクシーを待つ間に、大菩薩峠のピンバッジを買って、おいしい甘酒をいただきました。
14:03 塩山駅に向かいます。
南アルプス方向 14:09 捲きながら下っていきます。
右に左に、だんだん紅葉が見えてきた。
14:16 運転手さんイチオシの”里の紅葉”。
拡大リンクあり
14:27 最後に一目富士山。 拡大リンクあり

HOMEへ 山入口へ PAGE TOPへ
ごらんいただきありがとうございました。