秋田駒ケ岳 
男女岳1637m・男岳1623m・横岳1583m
HOMEへ
秋田駒(日本100名山)   2008/08/08  晴れ 6名
JR盛岡駅前  05:22集合 雨天決行  

盛岡市前泊                       ¥7140
中野坂上〜東京〜盛岡                ¥14230 
盛岡〜田沢湖  ¥740 ジャンボタクシー分担 ¥2500
国見温泉〜雫石      ジャンボタクシー分担 ¥1600 
雫石〜東京〜中野坂上                ¥15560      合計¥41030

盛岡駅05:22→田沢湖駅06:09→駒ケ岳八合目06:54→片倉展望地07:39→阿弥陀池08:10→男女岳→阿弥陀池08:45→男岳09:14→横岳10:04→国見温泉12:00→雫石15:35

装備:帽子(三季)、手袋(新素材)、下着(新素材)、長袖シャツ(新素材)、長スボン(新素材&伸縮)、靴下(新素材)、
    雨衣(ゴア上下)、靴(無雪期低山)、スパッツ、防寒着、着替え、トレッキングポール、ヘッドランプ、水筒/テルモス、
    昼食、ザック(20g〜30g))、傘
常装備:健康保険証、持薬、救急薬、地図、磁石、ラジオ、携帯電話、ポリ袋、
食糧:朝食、昼食(そのまま口に入る)、非常食(一食分各々用意)。


秋田駒ケ岳は十和田八幡平国立公園内にあり、男女岳・男岳・女岳の総称。
1970年噴火の女岳はきれいな緑に覆われていました。
緯度が高いので、1600級ながら高山植物が見られる。
この時季は、残念ながら少々遅い。
それでも、主に外輪山の縁線を行くので眺望は素晴らしく、緑色が強い印象の山でありました。
横岳から国見温泉への大焼砂あたりはコマクサの群生地で、少し遅い目のものが咲いていました。

秋田駒ケ岳八合目から約5時間の行程

06:09 田沢湖駅ホームにあった「竜神の頭」
毎年7月開催の田沢湖祭りで披露される2双のひとつ
盛岡05:22発で田沢湖着、雲行きが心配されたものの
現地は晴れでした。
06:15 田沢湖駅からはジャンボタクシーで移動
雲間に見える朝日と山脈がきれいでした。
06:54 駒ケ岳八合目に到着
駐車場と休憩所、トイレがあります。
ここまではバスの運行もあります。
07:07 出発
火山の外輪から内側に入る感じです。
07:12 駐車場からジグザグと登ります なんてきれいなんだろう!
07:17 この石段をまわりこむと パッと視界が開け、出発した八合目が見える
07:38 ぐんと高度があがった感じ 07:39 片倉展望地からの雲海 ここは秋田県です。
家族連れが朝食を食べていました。マウスオン

ずっと右側に雲海を見ながらの登り、ハクサンシャジンと思いますがこの花が多かった
08:10 火口湖そのものの地形がわかる阿弥陀池
奥に避難小屋です。
木製の歩道下は、花後のチングルマがたくさん、山の季節は秋なんだなぁ。マウスオン
駒ケ岳避難小屋は立派。裏手にトイレがあります。
男女岳1637mは秋田駒の最高峰
避難小屋で私は待機、1時間ほど歩いただけなのに疲れた。
やはり早朝活動開始は、こたえます、私めには。
避難小屋正面から奥は男岳に続く
避難小屋裏からの眺望 一番奥は鳥海山 08:55 阿弥陀池を少し戻って男岳に向かいます

09:03 女岳(めだけ)噴火口 手前右が女岳1512m本体
木歩道がある場所は通称ムーミン谷
左、女岳山頂噴火口 
2007年9月は噴煙が確認されている
長い稜線の末に男岳(おだけ)の赤い鳥居が見えます。

09:14 男岳1623m山頂からの眺望 白い花はヤマハハコです。
男岳山頂の鳥居  山頂から 雲が円く切れているところは田沢湖
09:21 男岳から阿弥陀池、外輪を周る登山道です。 10:04 横岳から阿弥陀池、避難小屋右は男女岳(おめだけ)
10:04 横岳1583mの山頂は、頂きというより登山道の
ようでした。
横岳から左、女岳と、右、男岳方向

国見温泉に向かいます 外輪山の縁を歩きます

右の稜線(外輪の縁)を歩いてきました 左は女岳、右端は横岳から続く。
噴火は地獄絵図でしょうが、現在の様子は美しい!です。

10:10 先に見た噴火口が近くに見えます 左の茶色い所に出ます
10:16 茶色いところは「大焼砂」岩手県です。
柵の外側はコマクサ、タカネスミレなどの保護地
この区間は遮る山がないせいか、強風にさらされ、
ぶっ飛びそうでした。
そして足元は富士山須走り状態、ずるずると下ります。
10:22 後ろを振り返って、左横岳
稜線を歩いてきたのがわかります。
左斜面下はムーミン谷となります。
10:52 強風から解放され樹林帯にはいり、全員ほっと。
途中の木陰で昼食をとりました。
クルマユリ 樹林帯を一時間ほど下ります。
12:00 国見温泉到着
樹林帯をジグザグと下り、硫黄の匂いがしてきて10分ほどでここに出ます。
温泉は硫黄泉で皮膚病、リウマチなどに効能があり、
犬も保養に来ていましたよ。
森山荘入湯料¥500
15時まで国見温泉でくつろぎながら、ジャンボタクシーを待ちました。
70年噴火のビデオを見せてもらい、噴火後は真っ黒であった女岳周辺の緑の復活に一同感歎しきり。
15:35 雫石駅着
唯一の史跡かもしれない雫石城址へ
現在は八幡神社となっており、この鳥居は木製でした。
マウスオンで境内の様子
説明板です。
無人販売所で、枝豆、トウモロコシを購入、¥300。
17:26こまちにて帰京。
緑で眼を癒した登山でありました。

PAGE TOP
HOMEへ 山入口へ
ごらんいただき、ありがとうございました。