奥多摩 大岳山 1267m HOMEへ

大岳山(おおだけさん)   2008/04/19  晴れ 13名
御嶽駅前  09:05集合 雨天決行  

中野坂上〜新宿〜御嶽〜荻窪〜中野坂上    ¥1990 
御嶽〜滝本   バス        ¥270×2   ¥540
ケーブルカー みたけ山 往復            ¥1090      合計¥3620

御嶽駅09:25→ケーブル下09:40→御岳山駅09:48→御嶽神社10:17→ロックガーデン入口10:58→芥場峠11:24→大岳神社12:17→大岳山頂12:40→長尾平分岐→奥多摩ロックガーデン13:52→御岳山駅15:04→ケーブル下15:28→御嶽駅15:32

装備:帽子(三季)、手袋(新素材)、下着(新素材)、長袖シャツ(新素材)、長スボン(新素材&伸縮)、靴下(新素材)、
    雨衣(ゴア上下)、靴(無雪期低山)、スパッツ、防寒着、着替え、トレッキングポール、ヘッドランプ、水筒/テルモス、
    昼食、ザック(20g〜30g))、傘
常装備:健康保険証、持薬、救急薬、地図、磁石、ラジオ、携帯電話、ポリ袋、
食糧:昼食(そのまま口に入る)、非常食(一食分各々用意)。

大岳山山頂から(3枚合成)
大岳山はその山容から昔は鍋冠山と呼ばれ、上総下総地方では海路の目標にしたという。御岳山から大岳山の間に鍋割山という山もある。御岳神社参拝後、大岳山へと向かう。心配されたお天気は予報がはづれ、青梅を越えたあたりから晴れていた。
2006年4月日出山の際に、御岳山までケーブルカー利用であったので、途中まで同じコースだ。記録を見ると2004年4月も大塚山で3年続けて4月は奥多摩であったのだ。日帰り可能な奥多摩はありがたい。
今回で奥多摩三山制覇となる。御前山(97/04)、三頭山(06/11)。

09:07西東京バスバス停 御嶽駅から徒歩5分ほど
バスは25分頃出発
バスのケーブル下駅からケーブルカー「滝本駅」まで歩く。
この民家の八重桜はおなじみだ。
09:33 ケーブルカー駅 到着 新型車両であった。往復切符を購入
切符は懐かしい入鋏タイプ マウスオン
ミツバツツジがきれいだった、ケーブルカー沿線 09:48 ケーブル御岳山駅周辺は、こじんまりと土産物屋さんが並ぶ
09:56 あのとんがったのかしら?
赤い鳥居をくぐって、御岳の集落を抜けていきます。
途中までは日出山と同じ経路だ。
カーヴミラーに映る私たち。
10:02 この民家の屋根は確か補修中であったが、完成したようだ。御岳の集落は○〇講の指定宿が多いみたい。 ○〇講は御岳山登山の記念に、このような石碑をあちこちに残している。
10:08 御岳の神代ケヤキが見えてきた。ケヤキのところから日出山、大塚山、御岳山方向と分岐します。きつい登りです。
神代ケヤキのいわれはマウスオン
10:12ケヤキの場所からの眺め。
間もなく御岳神社だから900mくらいでしょうか
御岳神社女坂の方から登る、けれど相当きつかった。
神社到達で本日の登山は終了!の感じだ。大汗をかいた。
10:17 御岳神社(正式には武蔵御嶽神社)本殿 国宝が収められている旧本殿はマウスオン おりしも国宝、重要文化財特別公開中であった。
山岳信仰の修験道の場でもあった御岳神社のお使いは「狼」
狛犬さんのかわりに狼が守護しているのだ。
見晴らしがいい境内には、見える方向が掲示されていた。
因みに神社の標高は929m。禰宜さんから、見送りの言葉をいただいてから出発。

御岳神社境内から日出山方向 雲がまるで夏のようだ
10:25 大岳山に向かいます。 10:30 杉林の中を行く。雨のあとの割には、道は乾いている。
10:34 「天狗の腰掛杉」高さ60m
御岳山名木巡りは、御岳鉄道のイベントだそうだ。
ケーブル下の滝本から、御岳山にかけて、このような看板がかけてあり、名前も付いているようだ。
「天狗の腰掛杉」 ほんとうに腰掛けだわ。
遠目には、岡本太郎の「太陽の塔」のように見えた。
10:40 タンポポもこのあたりが境界。
スミレばかりとなってくる。
カタクリの花が落ち葉の中に少し群生していた。
望遠なのによく撮れたわ自画自賛。
10:44 崩落しそうな登山道だが、鳥やウグイスの声がよく聞こえる 10:58 ロックガーデン入口。往路時ここは通過
11:06 道は険しくなってくる。 11:24 「芥場峠」
新緑や、木の芽の色がきれいなのを楽しみながら杉林を抜けます。
11:34 ダケカンバが多くなってくると、高度を上げた証拠だ。
あれかしら?大岳山は。
11:43 道は岩や石が多くなってき、さらに険しくなってきた。
11:55 出ました「鎖場」、全部で3か所ほどあった。
道は右に左にと回りこむ。
12:07 ぐらぐらする鉄階段。
12:17 「大岳神社」到着、山頂はもうすぐだわ。 大岳神社の狛犬さん?だが・・、犬に見えないなぁ。
12:32 大岳神社脇の急登を登ると山頂だけれど、この岩場も越えるのだ。 12:40 山頂1267m 
おじさんどいてくれます?とも言えず、一緒にカメラに収まった。山頂は、3グループほどが昼食をとっていた。私のグループは昼食も終え、下山の支度だったが、集合写真を再撮影してくれた。
12:49 下山開始。私はおむすびをほおばりながらだ。 13:18 この足元はこうなっています。マウスオン
木の根っこが壁と道の境。
13:52 芥場峠を通過後ロックガーデン分岐でロックガーデンに向かう。もう水音と道連れだ。 この下がロックガーデンとなる。
ジグザグと沢に下りる。

14:01 「綾広の滝」落差10m 水音はかなり大きかった。
綾広の滝近くにある「お浜の桂」とある名木巡りの大木。 高さ38m
ロックガーデンはマイナスイオンのシャワーを浴びて、みなさん元気。沢を右・左と渡りながら下ります。
あたりの木や岩までもが、苔で緑色。耳にも水音が。いやぁ、全身リフレッシュです。
また来たいなぁ。
14:34 ガーデンもここまで
少し登ってゲートを出ると往路で通過した入口の建物に出た。
14:58 杉林を通って御岳神社方面に向かいます。
15:02御岳神社奥の院の階段を下り、神社へ 15:04 御岳神社門前町をぬけて、ケーブルカーの駅に向かいます。
土産物は、こんな。昔はプラスティック部分が竹製でしたわね。玉こんはコンニャクです。マウスオン 15:16 走って乗ったケーブルカーから降りて、バス停に向かう。木々の向こうに御岳の集落が見えた。
15:18 奥多摩のヤマザクラは蕾もあって、期待できそう。 17:51 御嶽駅のシダレザクラ
バスで御嶽駅に到着後、「玉川屋」にて反省会。
蕎麦は美味しかった!
ここで、右足がつり非常に痛い思いをした。
初めてだこんなこと。
駅前で”豆腐コンニャク”を買って帰路についた。
これおいしいですよ。

PAGE TOP
HOMEへ 山入口へ
ごらんいただき、ありがとうございました。